渡硝子の性感快楽駆け込み寺

渡硝子の性感快楽駆け込み寺
2006 9.1 Renewal
2018.9.24 Update
本ページはアダルトカテゴリーです。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

日記

2017年08月24日02:30

できるかな足枷(あしかせ)

駆け込み寺希望者からのリクエストで、拘束系プレイのグッズを作ることになりました。

拘束って大別すると上半身と下半身に分けられるんですが、これまでも体験談(例1例2)で書いてきたように上半身のは既に持っているのですね。こんなやつ。



写真だと分かりづらいですが、これはウエストのところでベルトのように締め、赤い部分に手を通してもらうのです。
その状態で仰向けに寝てもらうと、ちょうど後ろ手に縛られたような感じになります。
これ、想像以上に取れませんよ。
手錠とかもよくあるのですが、あれは跡が残ったりするリスクがあるのであまりやりたくないのです。

上半身はそれでいいとして。

下半身の拘束、これが難儀なのですね。
アドルトショップにも「足枷」というのは売っているのですが、その大半が脚を閉じて固定させるやつなのです。

そうじゃなくて、こういうのが欲しいんですよ。



上の図だと、輪っかの部分に脚を通すわけです。
それで棒は伸ばせるやつ。家庭にある突っ張り棒みたいに伸縮自在。
ちょっとした股裂きの刑っぽいことも出来ちゃいます。

絶対こういうニーズあると思うんだけどなぁ。
こういうの欲しいの私だけ?そうなの??

秋葉原のエムズとか行ったけどこれっぽいものはなし。
代わりにこういうのを買ってきました。



分かりにくいですよね。
全長こんな感じです。



脚を締める部分は肌ざわり優しくてとてもナイス。
さすがはアダルトショップで売るだけのことはあります。

で、このヒモとなっている部分をどこかに縛り付けると、拘束ができるってわけ。
手枷にも足枷にも使えるので、これ2セットあれば大の字拘束とかが出来ちゃう。

うん、商品コンセプトはよく分かりましたよ。
だけど、ラブホにそんなもん縛り付ける場所あるかねぇ?

ベッドの脚とか?
でも脚にヒモ結べるようなベッドかどうかなんて、行ってみるまで分からないですよね。
ということで、これじゃあ拘束として不完全。

目指してるのはこーいうものなので。



しゃあない。
無いものは自分で作るしかない。

ということで、買ってきました。ジャーン



てってれれっててーれーれー♪(ドラえもんが道具を出すときの効果音)
「突っ張り棒」~!!

袋開けるとこう。


ちなみに突っ張り棒は結構こだわって探しました。
何にこだわったかというと「色」です。
白とか木目調がよく売ってるんだけど、そういう「ホームセンターで買ってきました」っていう感じがイヤだったのですよ。
でも黒って意外と無くてねー。
何とこれ買ったの100円ショップです。
でもホームセンターで売ってるのに比べてチープに見えないんですよこれが。

ただこれだけだと、結んでも拘束にならないんですよね。
単に縛っただけじゃすぐに外れちゃうし、ヒモを固定出来ない以上すぐに脚を閉じれちゃう。
そこで…。



てってれれっててーれーれー♪(もうしつこい)
「(…何だろうこれは?)~!!」
ボルト?の類。そもそも何をする道具なのか謎ですが、これを棒の両端に取り付けてヒモを固定します。



お父ちゃんのためならエンヤコラ。
土木研究会エイコーラ。



足枷部分は棒の先端ギリギリに固定させて、ヒモは金具の上と下を通して固定します。
こうすることで、ヒモが動いたり抜けたりしにくくなるのです。

できたー!!



さっそく自分の身体で実験してみましょう。
長さをMAXにし、脚を入れて固定してみて…うわー!!



足太っ!!

…じゃなくて(太いのは事実)!うわーマジでこれ脚閉じれないよ!!

女性の皆様は、こんな風に脚を開かれた状態でずーっとクンニし続けられてたり、アソコに電気マッサージ機を当て続けられる自分を想像してみてください。
何回イッても止まりません。上半身も固定されていて動けないのですよ。
あ、お望みならアイマスクも付けますからね。


こうしてまた駆け込み寺グッズが増えたのでした。
早く使う日来ないかなぁ。
「これ使って欲しい!」という方、いつでもどなたでもお待ちしていますよ?

 

駆け込み寺 各種SNS窓口

渡硝子とお友達になりませんか?LINETwitterを会話用の窓口として用意しています。
以下ボタンよりお気軽に友達申請お願いします。

友だち追加 渡硝子twitter 

駆け込み寺ご相談窓口

渡硝子へのメール・性生活の悩み相談・文章の投稿・サイトへのご意見等はこちら

駆け込み寺メールフォーム渡硝子にメールを送る

トップページに戻るトップページに戻る

inserted by FC2 system