渡硝子の性感快楽駆け込み寺

渡硝子の性感快楽駆け込み寺
2006 9.1 Renewal
2018.9.24 Update
本ページはアダルトカテゴリーです。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

日記

2016年04月26日22:42

どのツラ下げて

東京新聞のサイトより抜粋。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201602/CK2016021702000167.html

時間が経つとリンク切れの可能性もあることから、ここにそのままコピペします。



家庭も仕事も女性支援 自治体初 都が「活躍推進白書」
2016年2月17日

 女性が就職や結婚、出産・育児などの転機を迎えても、柔軟に生き方や働き方を選択できる社会への一歩にするため、都は、東京の女性の現状と課題 を分析した「女性活躍推進白書」をつくった。女性の活躍に焦点を絞り今後の取り組みを盛り込んだ白書は全国の自治体で初めてという。

 舛添要一知事は十六日の定例記者会見で「家庭も仕事もちゃんとやりたい、キャリアを継続したい、そういう女性を応援する必要がある」と語った。



はぁ?
何言ってるのか良く聞こえんな。
もう一度言うとくれ。

「家庭も仕事もちゃんとやりたい、キャリアを継続したい、そういう女性を応援する必要がある」

何やて?
何言うとるか分からんねん。
もう一度言うとくれ。

「家庭も仕事もちゃんとやりたい、キャリアを継続したい、そういう女性を応援…

もうええわ。
いま一度、この男が過去に何とぬかしたかをおさらいしておこう。



「女は生理のときはノーマルじゃない。異常です。そんなときに国政の重要な決定、戦争をやるかどうかなんてことを判断されてはたまらない。」(舛添要一)


「それから、体力の差ということでいえば、政治家は24時間、いつ重要な決断を下さなければいけないかわからない。そのとき、月1回とはいえ、たまたま生理じゃ困るわけです」(舛添要一)


「作曲家が少ないのも、論理構成をして様々なパーツを上手にワンパッケージにまとめる能力がないから。これはシングル・イシュー・ポリティックス(単一争点政治)とも関係してくる。」(舛添要一)


「僕は本質的に女性は政治に向かないと思う。たとえば、指揮者、作曲家には女はほとんどいない。女が作曲した曲に大したものがない。なぜか、と考 えてみると、実は指揮者は政治家に似ていることに気づいたわけ。オーケストラを統率する能力は、女性は男性より欠けているわけです。」(舛添要一)



ここら辺はネットで「舛添 失言」で検索すればすぐ出てくるので確認されたし。
ちなみに私のPCでは「舛添」が変換されなかった(笑)。


どのツラ下げて、という言葉がこれほど似合う男もなかなかおるまい。


5/27に行われるという「東京都女性活躍推進白書を語る東京シンポジウム」とやらにもこのハゲ登場するそうだが、いっそ女性有志で取り囲んで口を塞いでやった方がええんとちゃいますか?

 

駆け込み寺 各種SNS窓口

渡硝子とお友達になりませんか?LINETwitterを会話用の窓口として用意しています。
以下ボタンよりお気軽に友達申請お願いします。

友だち追加 渡硝子twitter 

駆け込み寺ご相談窓口

渡硝子へのメール・性生活の悩み相談・文章の投稿・サイトへのご意見等はこちら

駆け込み寺メールフォーム渡硝子にメールを送る

トップページに戻るトップページに戻る

inserted by FC2 system